デリケートゾーン ピンク

デリケートゾーンが黒い!ピンクにしたい

デリケートゾーンはご存知のように黒ずみが起こりやすいところです。

 

そして黒ずみに悩んでいる女性が多いんですが、平均的な色はどんな色なのでしょうか。

 

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

平均的な色は茶褐色のこげ茶色〜茶色の間のいづれかの色です。
図にするとこんな色です。

 

女性は誰しも自分のデリケートゾーンの色をピンクにしたいと思っています。

 

このページでは、
なぜデリケートゾーンがピンク色から茶色に変色してしまうのか
対処方法はないのか
自宅でピンク色に改善する方法
などを合わせて紹介したいと思います。

 

黒ずみが気になっている方はぜひチェックしてみてください。

 

>>>デリケートゾーンをピンク色にするクリームをすぐに見る

 

デリケートゾーンがピンク色から茶色になってしまうのはなぜ

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

デリケートゾーンがピンク色から茶色になってしまう理由はメラニン色素沈着が原因です。

 

メラニンは表皮にたまる物質のひとつでたくさんたまることで、外から見ると黒ずんでいるように見えます。

 

デリケートゾーンにこのメラニンがたまってしまうのはパンツの擦れなどの刺激から肌細胞を守るため。
そして肌の状態があまり良くないと色素沈着が定着してしまい、なかなか色がピンク色になりません。
これがデリケートゾーンが茶色くなってしまう訳です。

 

デリケートゾーンをピンクにする方法

デリケートゾーンをピンクにする方法は2つあります。

 

順番に紹介しますね。

  • 病院でピンク色にする方法
  • 自宅でピンク色に改善する方法

 

病院で黒ずみをピンク色にする

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

デリケートゾーンの色は美容皮膚科などで改善することができます。
例えばハイドロキノンという塗り薬を使ったり、ピーリング剤を使って表面を削りとったり、
レーザー治療でメラニンを砕いたりなどの方法があります。

 

病院で治療する方法は効果が高いのですが、副作用の危険性も大きいです。
ハイドロキノンなどの皮膚科で受けられる治療が、市販のケアクリームに濃度規制がかかっているのはそんな理由からです。

 

また病院で行うと費用が多くかかってしまうというデメリットもあります。

 

 

 

自宅で黒ずみクリームを使う

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

自宅で改善する方法には美白クリームを使う方法があります。
デリケートゾーンピンク色にするのにはデリケートゾーン専用に作られている
黒ずみ改善クリームを使うことが一般的で、肌を美白する成分が配合されています。

 

レーザー治療のような劇的な効果はないのですが、副作用の心配が少なくちゃんとしたものを選べば高い確率で黒ずみをピンク色にできます。

 

黒ずみクリームで本当にピンク色になるの?

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

黒ずみに効くという石鹸を使ったのに効果がなかった、
だからクリームの効果がないのでは、と心配する人もいると思います。

 

美白クリームを使えば本当にデリケートゾーンをピンク色にすることができるのでしょうか。

 

結論からいうとクリームは石鹸と違って美白成分が入っている点や、
一日塗り浸透させられるため、石鹸よりはるかに効果があります。

 

しかし美白成分はいろいろな種類があって人によって肌に合う成分や合わない成分があります。
ですので1つ使えば絶対に効くと断言はできません。
しかし自分の肌に合うクリームを見つけられれば、副作用の心配がなく肌をピンク色に戻すことができます

 

黒ずみクリームの選び方

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

おすすめのクリームランキング紹介する前に効果のあるクリームの選び方について解説したいと思います。
この4つのポイントを押さえておけば、効果の高いクリームを選ぶことができます。

 

ネット上の黒ずみクリームにはデリケートゾーンの黒ずみピンクにできると書いてあるのに、実は成分がしっかり入っていないものがあります。

 

そんなものを選んでしまうとお金がもったいないですし、時間も無駄にしてしまいます。
ですのでこれらのポイントをチェックしてみてくださいね。

 

効果が確かな美白成分

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

黒ずみクリームを選ぶときにまず気をつけるべきポイントは美白成分に何が使われているかです。
しっかりとピンクにしていくには、厚生労働省が指定している医薬品になっている成分が入っているものを選ばないといけません。

 

その成分の一例を挙げると、トラネキサム酸やプラセンタ、カモミラやビタミンc誘導体などです。
このような成分入ってるものなら効果が期待できます。

 

 

 

 

美肌を助けてくれる成分

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

美白クリームを選ぶ時は、美肌になるのを助けてくれるグリチルリチン酸という成分が入ってるものを選びましょう。

 

グリチルリチン酸は肌荒れを防止する成分です。
肌の状態を良くしていくことで黒ずみの解消効果がアップします。
グリチルリチン酸はグリチルリチン酸2K、二カリウムなどと書いてあることもあります。ありますがどれも同じですので大丈夫です。

 

 

 

 

うるおい成分で効果を上げる

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

デリケートゾーンを保湿してくれる成分が入っているものはもっと効果的です。

 

うるおい成分が肌の調子を良くしてターンオーバーを整えてくれるからです。
できれば美白成分に加えて、ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分が含まれているものが良いですね。

 

以上で効果がないクリームの見分け方や、効果が出やすいクリームの選び方について解説してきました。

 

しかし実際に自分で美白クリームを選ぼうとすると、ポイントが多すぎてチェックするのは大変ですし、成分を見分けるのも大変です。

 

そして値段や定期コースの有無などもいちいちチェックしないといけません。

 

そこでこのページでは自宅でケアできる美白クリームの種類を調べて効果のある成分が入っている美白改善クリームをピックアップしました。

 

 

 

選んだポイントは

医薬部外品指定の美白成分が配合されていること
グリチルリチン酸と保湿成分が含まれているもの
あまり値段が高すぎないもの
効果があって女性の間で人気度が高いもの

の4点で絞りました。

 

黒ずみを改善するクリーム選ぶときにぜひ参考にしてみてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるおすすめのクリームランキング

 

イビサクリーム

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース4,970円

単品購入 7,000円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

2回(3回目以降解約可能)

28日間の返金保証

 

効果がある美白成分

イビサクリームには医薬部外品の成分「トラネキサム酸」が美白効果成分として使用されています。

 

トラネキサム酸は上でも紹介したように、厚生省に認定されている美白効果がある成分です。

 

グリチルリチン酸と保湿成分が含まれている

イビサクリームには黒ずみを改善するのに欠かせない成分であるグリチルリチン酸と保湿成分がちゃんと配合されています。

 

ですので美白をしながら肌の荒れを整えて、効果的に黒ずみをピンク色に近づけていきます。

 

容量が多くて値段も手頃

イビサクリームは上で紹介してきたように美白に大切な成分がしっかり入っています。
そしてもう1つメリットがあり他の美白クリームより中身の量が少し多く入っていてたっぷり使えること、
そして値段も定期コースで申し込むことで月々4970円(クレジットなら500引き)と低価格に設定されていることです。

 

ネット上ではイビサクリームより安い美白改善クリームも販売されています。
しかし成分をよく見てみると効果が薄いものが使われていたりします・・

 

それで効果がちゃんとしていて値段が安いものでイビサクリームは女性に人気で一番売れているクリームなんですね。

 

薬用イビサクリームの公式サイト

 

 

ヴィエルホワイト

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース4,770円

単品購入 9,960円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

4回(5回目以降解約可能)

120日間の返金保証

 

ヴィエルホワイトは使っている美白成分はイビサクリームと同じです。
グリチルリチン酸と美白にトラネキサム酸が使われています。

 

イビサクリームの違いは化粧品のタイプの違いと価格です。

 

ヴィエルホワイトは化粧水というさらさらとしたテクスチャーなのですが、イビサクリームはクリームタイプです。

 

そして値段がヴィエルホワイトの方が少し高く、定期コースの回数もお約束の回数が多いです。
それで2位にランキングランキングされています。

 

ヴィエルホワイトの公式サイト

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

デリケートゾーンをピンクにしたい!ピンクにする方法紹介!

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース5,980円

単品購入 9,980円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

3回(4回目以降解約可能)

90日間の返金保証

 

 

ホワイトラグジュアリーは効果のある成分が使われている美白クリームの一つです。
ビタミンc誘導体が配合されていて黒ずみに効果があります。

 

また肌のターンオーバーを正常にしてくれる、グリチルリチン酸もしっかり配合されています。
ただし残念なことに値段が少し高く月額料金が定期コースにしても5980円です。

 

イビサクリームよりも容量が少ないです。
ですのでホワイトラグジュアリーはトラネキサム酸肌に合わなかったそんな方が選ばれるといいと思います。

 

ホワイトラグジュアリーの公式サイト

 

3位までの黒ずみクリームを徹底比較

※クリックで拡大します
陰部の黒ずみクリーム

 

グラフで性能を確認

陰部の黒ずみクリーム

 

4ヶ月間使用した場合の費用の比較

陰部の黒ずみクリーム

 

イビサクリームに即効性はありません!!

デリケートゾーンピンク

 

デリケートゾーンの黒ずみをケアするので一番なのがイビサクリームです。
効果がある成分が入っているということはもちろんですし、
値段や容量をや人気度など総合的に判断してベストな選択といえます。

 

しかし漂白剤ではありませんので塗ったらすぐ白くなる、効果が現れるものではありません。
(そもそも皮膚科で出される薬(ハイドロキノン)でさえ、1ヶ月では効果がでません・・)

 

ターンオーバーの早い20代の方でも一か月以上かかりますし、
年齢によっては3ヶ月ぐらい塗り続けないと効果が感じられないこともあります。

 

しかし

  • デリケートゾーンの色が少しずつ明るくなっていく
  • こげ茶が茶色になってきたなど

効果が実感される方が多いです
ですので是非塗り続けてデリケートゾーンの黒ずみを改善してくださいね。

 

クリームでデリケートゾーンをピンクにする